婚約と結納☆婚約の意味・結納

婚約の意味・結納

 ~婚約を交わすということは~

 結婚の意思を固めた当人同士が、将来結婚することを約束するのが婚約です。この約束はふたりの間で交わされていればそれだけでも婚約は成り立ちますが、自分をはぐくんでくれた両親、兄弟、親戚、友人、先輩たちに報告し、祝福を受けながら改めて自分たちの結婚の意思を固めるのもよいことといえます。
 婚約を広く社会的に認めてもらい、実質的にも形式的にも婚約をととのえるには、ふたりの結婚の誓いの場に第三者が立ち会って証人になることが望ましいでしょう。その形としてとられるものには、日本独特の結納、それに婚約式や婚約通知などさまざまなものがあります。
 そういった婚約と、ふたりだけの間で交わされる婚約の大きな違いは、法的な意味があるかないか、ということがあげられます。
 つまり、万一、不幸にして一方的に婚約を解消されるようなことがあっても、ふたりだけの口約束の場合には、法的に婚約の事実を証明する根拠はないのですが、第三者に知らせることによって、その婚約が証明できるようになります。したがって、何らかのトラブルを避けるためにも、婚約を形にあらわしておくことは意味のあることといえるでしょう。

~自分たちに合った婚約の形で~

 さまざまな方法で婚約が交わされていますが、現代の形として主なものは結納、結納に準じるもの
(婚約記念品の交換など)、婚約式、婚約記念パーティー、婚約通知などがあります。自分たちに合ったスタイルを選ぶとよいでしょう。

<結納>
 いちばん多い婚約の形ですが、地方や慣習によってかなり違いがあります。大きく分けると、往復型結納、片道型結納などのように伝統的な形式にのっとって行うやり方と、最近多くなっている1カ所に集合して行う結納があります。この集合型は、ホテルなどの1室に一同が会して1度ですましてしまうもので、現代の形式では最も多く、住宅事情からしても合理的な方法といえます。
 どの形式にしろ、結納の席では、結納品、結納金、目録、受書、家族書・親族書などをとり交わすのが一般的です。

<結納に準じるもの>
 婚約記念品の交換をするもの。男性から婚約指輪、女性からはネクタイピンや時計などを奉書紙に包み、金銀の水引をかけて進呈目録といっしょに片木盆(へぎぼん)にのせ、家族と仲人の立ち会いのもとに交換します。

<婚約式>
 もともとはキリスト教の慣習で、婚約を神の前で誓います。
 宗教によらない自由な形ですと、両親や家族、友人、仲人などが立ち会って誓いの言葉、婚約誓書の署名、そして記念品の交換を行います。場所はホテルや自宅などでもよいでしょう。

<婚約記念パーティー>
 ふたりの友人たちを招いて、その場で婚約を発表し、記念品の交換などを行います。現代では結納のかわりに、この形をとる人たちがふえてきました。ホームパーティーでもいいですし、どこかに場所を借りてもよいでしょう。パーティーの招待状には、「婚約披露」ということを明記し、差出人はふたりの連名にします。
 お互いの家族や友人を紹介するチャンスでもありますので、招待する人が偏らないように気を配ります。
 招かれた人はプレゼントを持参しますが、これはパーティーに招待されたお礼ですから、あまり高価なものではなく、花束やチョコレート程度のものにします。

<婚約通知>
 友人や親戚などに、婚約したことや挙式の日程などを知らせます。ところによっては、通知状の差出人を両親の名や仲人の名にするところもありますが、差出人の欄は自筆でふたりの連名を書くのが望ましいでしょう。
 いずれにしても、通知の形式は自由ですが、ごく簡単に婚約の報告をすればよく、おおげさにする必要はありません。

konyaku








検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。