• ハローウィン(「万聖節」前日)■妖精や魔法使いに変身 キリスト教諸聖人の祝日,「万聖節」にあたる11月1日の前日、つまり10月31日が「ハローウィン」です。 この日は、死者の霊がこの世に戻ってきて、ほうきに乗った魔女が黒猫を連れて悪さをするといわれています。 この時期が盛りのかぼちゃの中をくり抜いて、目鼻の穴をあけ、人の顔のようなランタンを作って灯をともします。子供たちは妖精や魔法使いなどに変装し、グルー... 続きを読む
  • お月見(収穫を感謝)■収穫を月に感謝する日 中国では陰暦の7月の初秋、8月を仲秋、9月を晩秋といい、それぞれの満月を観賞する風習がありました。中でも8月15日の満月を「中秋の名月」と呼び、1年じゅうでいちばん美しく明るい月とされ、日本でも平安時代から、貴族の間で月をめで、供え物をして、詩歌を詠むようになりました。 江戸時代になると、庶民の間にもお月見の宴が定着してきましたが、ちょうどこのころ、農作物の収穫... 続きを読む
  • 重陽(ちょうよう)の節句(秋の風情を楽しむ)■不老長寿を願う 9月9日は五節句の1つである「重陽(ちょうよう)の節句」で、中国では最高の陽数(生をあらわす数)の9が重なるこの日を、おめでたい日として祝いました。「登高(とうこう)」といって、近くの山や丘に登ったり、寿命を延ばすといわれる菊の花を浮かべた酒を飲んで、不老長寿を願いました。 日本でもこれにならい、古くから宮中で「菊花宴」を催したり、民間でも... 続きを読む
  • 敬老の日(老人の気持ちを引き立てる)■いつもいたわりの気持ちを  9月15日は「敬老の日」。この日の前身になっているのは、昭和26年から祝われるようになった「年寄りの日」。これが、昭和41年に「敬老の日」と改称され、国民の祝日の1つとなりました。 この日のねらいは、長年の間、社会に貢献してきた老人の労をねぎらい、長寿を祝うことにあります。 お年寄りのいる家庭では、お年寄りを中心に祝い膳を囲んだり、贈り... 続きを読む







検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。