• お彼岸(春分の日と、秋分の日)~中日の前後には家族でお墓参りをする~ 3月の春分の日と、9月の秋分の日を「中日(ちゅうにち)」とし、中日の前後3日ずつを合わせた1週間を「彼岸(ひがん)」と呼びます。 お彼岸は、お盆のようにさまざまな行事をしたり、飾ったりする必要はありませんが、少なくとも3月と9月の彼岸の入りには、仏壇をきれいに掃除し、新しい水や花、故人の好物、季節の果物やおはぎ、彼岸だんごを供えましょ... 続きを読む
  • お盆のしきたり(死者の霊が家に戻ってくる)~迎え火をたいて祖先の霊をお迎えする~ お盆は正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。1年に1度、この日には死者の霊が家に戻ってくると言われ、各家では精霊棚を作り、迎え火をたいてお迎えします。 地方によっては、旧暦の7月や、1カ月おくれの8月13日から16日までのところもありますが、普通、7月13日をお盆の入りとします。この日から明けの16日までの4日間、さまざま... 続きを読む
  • 準備と進め方(寺院と打ち合わせを)~法要の準備~●法要の施主 法要を営むとき、まずだれが施主になるかを決めます。一般には、故人にいちばん近い人、つまり葬儀の際に喪主になった人が務めます。●寺院と打ち合わせを早めに 一周忌や三回忌など、やや大がかりな法要を行う場合は、その2、3週間前までに、場所(自宅、寺院、料亭など)、時間(午後2、3時ごろから2、3時間)、招く人の範囲と人数を決め、寺院側と早めに連絡をと... 続きを読む
  • 法要に招かれたら(出欠の返事をなるべく早く)~招きを受けた場合のみ出席する~ 法要の案内状をいただいたら、出欠の返事をなるべく早く出します。不幸があって間もない忌明け法要までの返信には、出欠の返事に、「お招きいただきまして恐れ入ります。日増しにお寂しいこととお察しいたします。どうぞお体をたいせつに」などと、喪中見舞いの言葉を添えましょう。 なお、法要は内輪ですませることもありますので、法要の日が近... 続きを読む
  • 法要の知識(忌日や命日に行う行事)~一周忌までの法要~ 法要は法事ともいい、死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために忌日や命日に行う行事です。 仏教では、死亡してから7週間(四十九日)は,「中陰」といって故人は現世とあの世の間をさまよっているとされています。その間に縁故者が供養することによって初めて、死者は無事に極楽浄土に送り届けられると考えられています。これが成仏(じょうぶつ)です。 したがって、こ... 続きを読む







検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。