• 婚約の意味・結納 ~婚約を交わすということは~ 結婚の意思を固めた当人同士が、将来結婚することを約束するのが婚約です。この約束はふたりの間で交わされていればそれだけでも婚約は成り立ちますが、自分をはぐくんでくれた両親、兄弟、親戚、友人、先輩たちに報告し、祝福を受けながら改めて自分たちの結婚の意思を固めるのもよいことといえます。 婚約を広く社会的に認めてもらい、実質的にも形式的にも婚約をととのえ... 続きを読む
  • 結婚式当日のマナー(挨拶するのを忘れないように)本人~両親へ挨拶~ 男性も女性も、会場に出かける前に両親に挨拶するのを忘れないようにしましょう。 テレビドラマで「お父さん、お母さん、お世話になりました」と涙を流しながら三つ指をついて挨拶しているシーンがありますが、そこまでしないまでも、「今までどうもありがとうございました」の気持ちを込めた言葉を残していきたいものです。~控え室に入って来賓の挨拶を受... 続きを読む
  • 披露宴でのマナー~会場へは開宴の30分前に到着~ 当日は必ず時間に余裕を見て家を出ます。開宴の2、30分前に会場に着くようにし、手荷物をクロークに預け、洗面所で着衣の乱れがないかどうかを確認しましょう。 会場入り口に出ている表示札で会場を確認したら、受付に足を運びます。受付の方に一礼をし、「この度はおめでとうございます。ご新婦の友人、○○でございます。お招きいただきましてありがとうございます」と、挨拶を... 続きを読む
  • 結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方)~結婚披露宴の招待状はすぐに返事を~ 結婚披露宴の招待状が来たら、すぐに返事を出しましょう。招待状には「○月△日」までにと期限が記されていますが、披露宴の料理や記念品、席次などの準備がありますから、返事がぎりぎりになったり、出し忘れのないようにします。「この度はご結婚おめでとうございます。喜んで出席させていただきます。お招きいただきありがとう存じ... 続きを読む
  • 仲人とのつきあい方(自然なおつきあいがつづけば、理想的)~おりおりのご挨拶は欠かさずに~ 仲人はふたりの結婚までに、縁談、見合い、婚約、結納、挙式、披露宴と、並み並みならぬ尽力をいただいたかたです。仲人は多少の好意でできるものではありませんから、その労苦に対しては心からの感謝の念を忘れないようにしたいものです。 俗に、「仲人三年」という言葉があります。これは一般的に、結婚後3年くらいはお中元、お歳... 続きを読む
  • 若夫婦との今後のつきあい方(自然なつきあい)~お礼は素直に受ける~ 仲人へのお礼は、ふたりが持参する場合や、新婚旅行中に両家の親たちが持参する場合がありますが、いずれにせよ、素直に受けて、新夫婦の門出を祝福してあげます。仲人の喜びはあくまでも、金銭的なものではなく、若い人たちの力になれたという精神的な満足感にあるのです。 このお礼に対してお返しは不要です。また、もし金額が多すぎるように思うときでも... 続きを読む
  • 結婚式までにすませておきたい身の回りのこと(挨拶・準備等)~職場へも報告し、身の回りの整理を~<上司に報告> 結婚が決まったら、口頭でまず、職場の上司や先輩、同僚に報告します。式や披露宴に招待したいときは、その旨もお願いします。いずれ住所や名字変更などの手続きも必要ですし、結婚休暇で迷惑をかけることもありますので、決まったら早めに報告します。<休暇届> 1カ月前には届け出ます。休む日数は就業規則に... 続きを読む
  • 披露宴での役割(挨拶は披露宴のヤマ場)~会場の入り口でお客を出迎える~ 披露宴が始まる前に、仲人は両家の人たちの紹介によって、来賓に挨拶し、招待者側として、「本日はお忙しい中をご出席ありがとうございます」とお礼の言葉を述べます。その他の来客たちとも歓談したのち、全員が入場する際には、新郎新婦、両親たちとともに、入り口で出迎えます。このときは、軽く会釈する程度で、丁寧な言葉は不要です。 全員着席して... 続きを読む
  • 周りの人への挨拶(きちんと挨拶を)~両親への挨拶も忘れずに~ 新婚旅行から帰ったら、双方の両親に、空港や駅から無事に着いたという報告を電話でします。 同居している場合は、家に着いたら「ただいま帰りました。末永くよろしくお願いします」と、折り目正しく挨拶しましょう。家族の中になるべく早くとけ込むためにも、たとえ疲れていてもすぐに部屋に閉じこもるようなことはせず、旅行中の話をしたり、順調に新生活をスタ... 続きを読む
  • 結婚式と披露宴の合間に(親族を紹介する)~親族紹介は父親がする~ 式が終わると、新郎側と新婦側の控え室の仕切りがはずされ、1つの部屋になります。ここで双方の親族が初めて顔合わせをするのが普通ですが、式場によっては、挙式に引きつづき、式場内で紹介をすることもあります。 いずれの場合も、仲人が親族を紹介する旨を挨拶し、先に新郎側を新婦側に、つづいて新婦側を新郎側に紹介します。ただし、1人1人については、... 続きを読む







検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

赤ちゃんのお祝い☆お宮参り 2019/10/31
秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。