• 服装の準備(弔問客を迎える準備)~服装の準備~ 亡くなった直後、遺族はすぐに正式な喪服を着る必要はありませんが、なるべく地味な服装(黒、紺、濃いグレーなど)に着かえて、結婚指輪以外の装身具は全部はずします。見苦しくなく、しかも死者を見送る悲しみの場にふさわしい身だしなみを心がけましょう。男性ならひげや髪の毛をきちんとととのえ、女性ならば薄化粧を施します。 そして、できるだけ早いうちに、通夜、葬儀、... 続きを読む
  • 通夜ぶるまいの準備(弔問客を迎える準備)~通夜ぶるまいの準備~ 通夜は、何かとあわただしいものですから、手をかけたごちそうをふるまう必要はありません。 地方によっては「忌(い)み火(び)」といって、喪家で煮炊きすることを忌む風習があります。このような場合には近隣の家の台所を借りて、もてなす酒や食事の用意をすることになりますが、普通は、喪家の台所で手伝いの人が用意します。 かつては、材料はもちろん、... 続きを読む
  • 通夜の手順(故人をしのび、冥福を祈り、別れを惜しむ集い)~通夜は、半通夜として2時間くらいに~ 現代の通夜は、親戚、知人、友人たちが集まって故人をしのび、冥福を祈り、別れを惜しむ集いとしての意味が強くなっています。そのため通夜といっても夜を明かすこともなく、「半通夜」といって、7時ごろから始まり、10時ごろまでに終わるのが普通です。~通夜の席順~ 通夜の席順は、会場においてはあまり厳密に考える必要はあ... 続きを読む
  • 弔電の整理(弔電披露の時間までに) 人によっては、弔電がたくさん届くこともあるでしょう。これらは、弔電披露の時間までに、きちんと整理しておくことがたいせつです。 最近は漢字、カナまじり文のものもありますが、電報の文は読みにくいものが多いので、できれば句読点を打ったり、適当な漢字に直したりしておくとよいでしょう。 また、電文の余白にフルネームとひらがなを書き込み、声に出して読んで確認しておけば、まち... 続きを読む
  • 供物・供花の整理(弔問客を迎える準備) 通夜の準備が進んだころに、供物・供花(くげ)などが届き始めます。届いたものは、必ず「供物帳」に記入して、それから飾るようにします。 供物や供花は、棺に近いところを上位として、そこから祭壇の左右に分けながら並べていきます。 近親者からのものは、血縁の深い順から、また、友人や知人、関係者からのものは関係の深さの順に並べるのが原則です。 ただ、どうしても人目につく... 続きを読む
  • 近隣・町内会への連絡(集合住宅が会場の場合など)●団地やマンションなど、集合住宅が会場の場合 団地やマンションなどで葬儀を営む場合は、不便なことが少なくありません。自治会の役員などとも相談して、自宅が2階より上ならば、1階の人の了解はもちろん、同じ階段を使う上の階のかたがたにもお願いして、1階入り口に受付を設けさせてもらうとか、集会場や集会室、サロンなどがあれば、葬儀だけでもそうしたところで行うことも... 続きを読む
  • 屋内の準備(弔問客を迎える準備)●部屋を決める  まず、祭壇をしつらえる部屋を決めます。弔問客が出入りしやすく、できるだけ広く使えるように工夫します。 どうしてもそうしたスペースづくりができなければ、祭壇を玄関や縁側などにしつらえて、玄関や廊下に置いた焼香台で拝礼していただきます。 そのほか、僧侶を接待する部屋、弔問客の控え室、事務をとったり休息をする部屋などが必要です。テントを利用したり、近隣の家... 続きを読む
  • 屋外の準備(弔問客を迎える準備)●玄関・屋外の準備 まず玄関先から庭、家の周囲、道路まで丁寧に掃き清めます。人の出入りのじゃまになるものはほかの場所に移し、時間があれば、色鮮やか花などは見えないところに植えかえておきます。 通夜は夜に行われますから、門外から玄関までの通路や庭先、できれば門の周辺まで照明を明るくして、弔問客がとまどわないようにします。玄関は自由に出入りできるよう、あけたままにしてお... 続きを読む







検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。