• 互助会・アイバンク・献体~全国の冠婚葬祭互助会~毎月、掛け金を積み立てて、きたるべき場合に備える冠婚葬祭の互助会が全国各地にあります。入会するときは、通産省公認で、加入者補償制度に加盟している信用のある会を選ぶことがたいせつです。下記は全国の各地域で代表的な会社ですが、全国400社近くありますので、最寄りの互助会についてはお問い合わせください。※電話番号や住所が変わっている場合がありますので、事前にご... 続きを読む
  • 世話役のスケジュール(係りのスケジュール)【世話役代表】<通夜前>●遺族の代表と葬儀全般について綿密な打ち合わせをして、各世話役に指示する。特に葬儀社とは詳細な打ち合わせをする。<通夜>●通夜の席では、棺に向かって左側、僧侶の次にすわり、故人の冥福を祈る。<葬儀準備>●遺族、僧侶、葬儀社と、式次第の最終打ち合わせをする。<葬儀・告別式>●式に参列。<出棺>●準備してある車で霊柩車のあとを火葬場に向かう... 続きを読む
  • 世話役への依頼(世話役代表、つまり葬儀委員長)~世話役代表(葬儀委員長)の決定~ 喪主は故人にかわって葬儀を執行する立場ですが、進行係ではありません。葬儀と告別式という儀式は、短時日の間に、種々雑多なことを同時進行しなければならないのですから、それらのことを滞りなく進めるためには、喪主と遺族にかわって動ける世話役が必要です。 その世話役は、葬儀の規模に応じて、それぞれの係を受け持つ何人かが必要です... 続きを読む
  • 葬儀社への依頼(良心的で信頼できるところを)~葬儀社の決定~ 現在では葬儀社にすべてをまかせることが多くなってきました。地方では、村や町内会の世話人が準備いっさいをととのえてくれるのが普通のようですが、都会に住んでいる人は、菩提寺とのつきあいもとだえていたり、また1度も葬儀を営んだことがなかったりします。葬儀社は、準備、進行などをやってくれるほか、いろいろな希望に対応するノウハウも提供してくれます... 続きを読む
  • 葬儀の方針を決める(故人の遺志を尊重して)~喪主の決定~●故人の最も身近な人に 喪主は葬儀の前に決めますが、喪主は故人にかわって弔問を受けることになりますので、できれば通夜の前に決めましょう。 昔は、法律上の相続人が喪主を務めましたが、現代では、故人に最も縁の深い人が喪主になります。 普通は故人の配偶者で、配偶者が他界している場合は長男、長男も他界していたり、外国にいるなどで葬儀に出席できないよう... 続きを読む







検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。