• 男性・学生・子供の服装(喪服)~男性の喪服は遺族・近親者の装い~●和装 男性の正式礼装は、慶弔の別がなく、黒羽二重地染め抜き五つ紋の羽織に仙台平(ひら)の袴、帯は角帯です。下着と衿は白、またはグレー、茶などが用いられます。はき物は、白か黒鼻緒の畳表つきのぞうりです。 夏は、黒の絽の五つ紋つきに、黒絽か紗の五つ紋の羽織でひもは白、袴は縞の夏ばかまで、長じゅばんは白、帯は角帯を用意します。●洋装 黒のモ... 続きを読む
  • 女性の和装(喪服)~“悲しみの心”をあらわすことが基本~ 日本ではかつて「死はけがれ」と考えられていました。そのため、けがれにふれた遺族が一定の期間、家に閉じこもり、身を慎むことを“喪”といいます。 この喪の期間に着用する衣服を「喪服」といい、現在では、通夜、葬儀、納骨、一周忌など特別な日に着るだけになっています。 喪服は黒が常識になっていますが、もともとは喪に服すべき人だけが着るものです。ですから、... 続きを読む
  • 女性の洋装(喪服)~遺族・近親者の装い~ 洋服の喪服には、黒のワンピースやアンサンブル、ツーピースがあります。透けたり、光ったりしない黒無地のもので、衿元を詰め、長めの袖で、丈はひざが隠れる程度にします。靴は止め金などの飾りのない黒、アクセサリーは結婚指輪以外いっさいつけないのが本式です。●アンサンブル 夏冬使用できて便利ですが、袖は長めの半袖にし、ノースリーブは避けます。ボタン、バックルは金属を... 続きを読む







検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

赤ちゃんのお祝い☆お宮参り 2019/10/31
秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。