• 婚約の意味・結納 ~婚約を交わすということは~ 結婚の意思を固めた当人同士が、将来結婚することを約束するのが婚約です。この約束はふたりの間で交わされていればそれだけでも婚約は成り立ちますが、自分をはぐくんでくれた両親、兄弟、親戚、友人、先輩たちに報告し、祝福を受けながら改めて自分たちの結婚の意思を固めるのもよいことといえます。 婚約を広く社会的に認めてもらい、実質的にも形式的にも婚約をととのえ... 続きを読む
  • 婚約を解消したいとき(結婚できないという事態)~まず仲介者に相談する~ 婚約をしたものの、どうしてもこのまま結婚できないという事態になることもないわけではありません。 理由は、相手とおつきあいしているうちに人生観や経済感覚などに隔たりを感じるようになったとか、相手や自分の家族が急に亡くなって状況が変わった、あるいは相手に自分以外の異性関係があることがわかったなど、さまざまです。 このように婚約を解... 続きを読む
  • 結納・仲人を立てない結納仲人を立てないで、男性本人、女性本人、男性側の両親、女性側の両親が一堂に会して、とり交わす結納です。結納の交わし方の詳しい説明はこちら・・・結納の交わし方の具体的な例は以下のリンク先を参考にしてください。結納の交わし方☆関東の往復型はこちら・・・結納の交わし方☆往復型の変形はこちら・・・結納の交わし方☆集合型の結納はこちら・・・  ... 続きを読む
  • 結納・往復型の変型仲人を立てず、両家でとり交わす結納です。結納の交わし方の詳しい説明はこちら・・・結納の交わし方の具体的な例は以下のリンク先を参考にしてください。結納の交わし方☆関東の往復型はこちら・・・結納の交わし方☆集合型の結納はこちら・・・結納の交わし方☆仲人を立てない結納はこちら・・・... 続きを読む
  • 結納・関東の往復型関東の結納の仕方で、男性・女性宅に往復する交わし方です。 ~関東の往復型/男性宅にて~~関東の往復型/女性宅にて~~関東の往復型/再び男性宅にて~~関東の往復型/再び女性宅にて~結納の交わし方の詳しい説明はこちら・・・結納の交わし方の具体的な例は以下のリンク先を参考にしてください。結納の交わし方☆往復型の変形はこちら・・・結納の交わし方☆集合型の結納はこちら・・・結納の交わし方... 続きを読む
  • 結納・集合型の結納仲人夫妻、男性本人、女性本人、男性側の両親、女性側の両親のすべてが集まって、とり交わす結納です。 結納の交わし方の詳しい説明はこちら・・・結納の交わし方の具体的な例は以下のリンク先を参考にしてください。結納の交わし方☆関東の往復型はこちら・・・結納の交わし方☆往復型の変形はこちら・・・結納の交わし方☆仲人を立てない結納はこちら・・・... 続きを読む
  • 結納の交わし方(方法は地方差あり) 結納の方法は地方差があり、どの方法が正しいとか、最も伝統的であるということを決めるのはむずかしいといえます。しかし、現代式の結納でも伝統的なやり方に近いもの、あるいは、それにもとづいて略した方法をとっている人も多いようです。 現在行われている方法の中で、伝統的なものに近い代表とされるのが、関東式で、両家を行き来して執り行う、往復型の結納です。 関西地方の結納は、... 続きを読む
  • 婚約指輪の選び方 ~思いを込めて贈る~ 婚約指輪そのものの由来は、古代ローマで、契約の履行のあかしとして発祥したといわれています。これがキリスト教で婚約指輪の交換をしたことで広まり、今では日本でもすっかり定着しました。 婚約後、左手の薬指に光る指輪は、幸せの象徴、愛のあかしとして、女性の憧(あこが)れの的です。 婚約指輪としての宝石にはいろいろありますが、やはり人気ナンバーワンはダイヤモンド。... 続きを読む
  • 結納品の準備~結納の形式は地方によって異なる~ 結納という言葉は、もともと「ゆひのもの」といい、結婚の申し入れを意味する「言入(いいいれ)」が変化したものだとか、新しく親族となるしるしに飲食をともにするその酒肴のことだとか、いろいろな説があります。 ですから、各地によってその意味や形式、方法などにはかなりの差があります。 たとえば、主に関東の慣習では昔から往復型結納で、男女双方で同程度の結納品を用... 続きを読む
  • 家族書と親戚書(書き方)~名前を書く範囲は双方が同様に~ かつては、結納のおりに、親族一同の賛意をあらわすものとして、家族書・親族書を交換しました。現在は、親族の承諾がなくても、本人の意思で結婚できますから、結納に親族書がなくてもかまいません。 ただ、ふたりの結婚によって両家は姻戚関係を結ぶことになるので、お互いの家族や親族をよりよく知るために、交換し合うことはやはりよいでしょう。 普通は家族書と... 続きを読む







検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。