初節句(季節の変わり目の節に無病息災を願って)

~初節句は特に賑やかに祝う~

 初節句とは赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句のことで、女の子なら3月3日の桃の節句、男の子なら5月5日の端午の節句をさします。
 地方によっては「初子の初節句」として、初めて生まれた子の初節句は特に盛大にするところもあるようですが、第2子以後のお祝いもおろそかにせず、初子だけの特別扱いは避けたいものです。

~端午の節句のいわれ~

 鎌倉時代、5月5日に流鏑馬(やぶさめ)などの尚武の催しがあり、この尚武が菖蒲(しょうぶ)に通じて男の子の節句になっといわれています。五月人形は江戸時代の武家階級がかぶと人形を作って飾ったのが始まりといわれ、鯉のぼりは出世魚といわれる鯉にあやかり、男の子の出世を願った町人が揚げて、武家では、のぼりや吹き流しを立てた、といわれています。
hatutanngo

~鯉のぼりは男の子が生まれると数をふやした~

 五月人形を部屋に飾り、鯉のぼりを外に立てて祝います。端午の節句の1、2週間前から飾り、節句が過ぎたら、1週間以内に天気のよい日を選んでしまいましょう。
 本来、五月人形は三段飾りが一般的で、上段の中央によろいかぶとを飾ります。外に立てる鯉のぼりは,さおの先端に回転玉や籠玉(かごだま)、横に矢車をつけ、吹き流し、真鯉、緋鯉の順に結びます。昔は、男の子がふえると、子鯉もふやす習慣がありました。

~環境や予算に合わせたお祝いを~

 初節句の飾りは、男の子、女の子に限らず、妻の実家が贈るならわしがありました。しかし、最近の住宅事情を考えると、大きな飾りは飾る場所にも、しまう場所にも困るものです。
 武者人形、金太郎、よろいかぶと、弓矢、太刀などのうち、幾つかを予算に応じて用意し、居間のよく見える場所に飾って、菖蒲をいけ、かしわもちやちまきを供えるだけでも十分お祝いになります。
 鯉のぼりも、ベランダ用の小型のものもあります。両親が自分の考え方をたいせつにして、心のこもったお祝いをしたいものです。
 
~お祝いは早めに贈る~

 昔からの風習に従って、初節句の人形などが妻の実家から贈られるとわかっていれば、それ以外の人形を贈るようにし、両親が自分たちでそろえる場合には、現金を贈って費用の足しにしてもらうこともあります。
 いずれにしても、同じ品が重ならないように、前もって相手の希望を聞き、それに添った贈り物をすることがたいせつです。また、贈られる側の準備期間や飾る都合を考え、少し早めに先方に届くよう、配慮する必要もあります。
 当日、お祝いに招かれたときも、相手の希望に添った品を贈るのがよいのですが、子供の喜びそうなおもちゃや人形、衣類など、贈る側の心がこもっていれば、なんでもかまいません。
 桃の節句なら桃の花、端午の節句なら菖蒲などの花もすてきですし、お祝いする赤ちゃん以外にも子供がいる家には、その子にも何かあげる心づかいも必要です。
 
~桃の節句のいわれは中国から~

 古代中国にあった、水辺で人形を流してけがれをはらう習慣が日本に伝わり、3月最初の巳(み)の日に、自分の身がわりとして紙の人形を流し、災難や病気を避けるために祈るようになりました。江戸時代の中期からは、この人形が飾りびなとなり、豪華になって今日に至っています。
 中国で仙木とされる桃の花を飾り、長寿を保つという白酒で祝います。また、ひな祭りのごちそうには、二つに離れると、ほかの貝とは絶対に合わないという、貞節のシンボルとされているはまぐりのお吸い物がつきものです。
hatusekku

~節句が終わったら早めにしまう~

 ひな人形の飾りつけは、1、2週間前ごろにし、前の晩に飾る、いわゆる「一夜飾り」はよくないとされています。
 飾り方の位置は、地方によって少しずつ違います。標準的には、向かって左に男びな、右に女びなですが、左右逆にするところもあるので、その地方の風習に従うほうがよいでしょう。
 ひな人形は、節句が終わったら、翌日にでもしまうのがよいとされています。長い間飾っておくと将来縁遠くなるといわれていますが、これは片づけの習慣を教えるためでしょう。
 
~高価なだけのひな人形にこだわらない~

 最近は住宅事情が悪いため、段飾りのひな人形を飾れない場合が多く、内裏びなだけや、ガラスケースに入った小さなセットを飾ることが多いようです。
 しきたりでは、ひな人形も妻の実家から贈られる風習ですが、この場合も一式でなく、記念になるものを1つ選び、毎年少しずつふやしていく方法もあります。ただし、地方によっては、初節句に贈る品が決っているところもあるので、確かめてみることも必要です。
 形式にこだわらず、母親が子供の成長を祈りながら、紙や布、卵の殻、市販の人形やぬいぐるみに衣装をつけるなどして、手作りのひな人形を作るのもすてきなことです。初節句のとき赤ちゃんはまだ何もわかりませんが、しだいに子供は、特に女の子の場合、自分の好みを言い出すようになります。子供にとっては一生のものですから、初めから立派なものを用意するより、両親の真心を伝えられるものか、子供の好みに応じてふやしていかれるものを選んだほうが無難でしょう。
 ひな祭りのお祝いのメニューも、女の子らしく、かわいらしいものを用意します。のり巻きやおむすびを薄焼き卵で包んでひな人形の形にしたり、ひし形にした押しずしもいいものです。
 
~真心が伝わるお返しを~

 しきたりどおりに、妻の実家や近親者から人形やのぼりが贈られたら、丁寧にする場合は、節句の日から1週間以内に「内祝い」として子供の名前でお返しをします。あるいは祝ってもらった人形などといっしょに撮った写真を同封した礼状を出すだけでもかまいません。
 知人や友人からのお祝いには、特にお返しする必要はありませんが、近くのかたなら、桜もち、ちまきなど節句にちなんだ品をお届けし、遠くのかたへは、子供の写真を添えて礼状を出しましょう。