結納当日の服装(一般的には準礼装か略礼装)

~全員の服装の格を合わせる~

 結納は結婚式に次ぐたいせつな儀式です。したがって服装もそれにふさわしい、改まったものにします。一般的には準礼装か略礼装程度です。
 ただし、気楽な結納式にしたいというような場合には、平服で行ってもかまいません。また、どちらかが、遠方から来る場合は、めんどうのない平服にすることもあります。
 いずれにしても、気をつけなくてはならないのは、双方の服装の格をそろえるということです。女性が準礼装なのに、男性は平服とか、本人たちは平服なのに両親が準礼装というようなちぐはぐなことにならないように、事前によく打ち合わせをしておきましょう。

~仲人にも服装のことは伝える~

 仲人も、本人や両親の服装に合わせた服装をしなくてはなりませんから、忘れずに服装のことはきちんと伝えます。
 仲人が格式を重んじる人の場合、平服では結納を軽視しているように思われることもあります。
 そのような場合は、やはり失礼のないように、準礼装か略礼装で行うようにします。
 そのときの状況によってですが、仲人を立てるからには、やはり意見を伺うことがたいせつです。
yuinotoujitu