弔電の整理(弔電披露の時間までに)

 人によっては、弔電がたくさん届くこともあるでしょう。これらは、弔電披露の時間までに、きちんと整理しておくことがたいせつです。
 最近は漢字、カナまじり文のものもありますが、電報の文は読みにくいものが多いので、できれば句読点を打ったり、適当な漢字に直したりしておくとよいでしょう。
 また、電文の余白にフルネームとひらがなを書き込み、声に出して読んで確認しておけば、まちがいありません。
 葬儀会場での弔電披露は、故人との親しい関係順にするか、あるいは葬儀にふさわしい内容の電文を優先するか、選ぶ基準は喪主と世話役の考え方で決まります。しかし、故人とは面識もなかった儀礼的なものを、肩書や知名度があるというだけで優先して披露するのは、やめたいものです。

tyoden