ひな祭り・お彼岸

~ひな祭り~

■身のけがれをはらうことが始まり
 中国では、3月の最初の巳(み)の日は忌日とされ、不浄、邪気、けがれなどの恐ろしいものが襲ってくるといわれた日でした。家の中にいると人の災難が降りかかってくるというので、人々は老若男女にかかわらず家を出て水辺へ行き、みそぎをしました。このとき人形(ひとがた)を作って、これで体をさすり、身のけがれを移して供物といっしょに水に流して厄払いをしたものです。この人形が、しだいに手の込んだ立派な人形になってきました。これがいわゆる「流しびな」の始まりです。
 一方、平安時代には、上級階級の子女が美しい人形で遊ぶ「ひいな遊び」という、ままごとに近い遊びがあり、この両者が結びついて、現在のひな祭りになっていったとされています。
 3月3日には、女の子が美しく成長し、幸せになるようにと、ひな人形を飾り、桃の花、あられ、ひしもち、白酒を供えて祝います。

■ひな人形の飾り方
 壇飾りのひな人形の飾り方は、地方や家によって違いますが、一般的には緋毛氈(ひもうせん)を敷いた上段に内裏びなと瓶子(へいじ)を一対ずつ飾り、その両わきにぼんぼりを立て、背に金屏風(びょうぶ)を置きます。2段目には三人官女、3段目は五人囃子(ばやし)です。左から太鼓(たいこ)、大鼓(おおつづみ)、小鼓(こつづみ)、笛、謡の順になります。4段目は右が左大臣(老人)、左が右大臣(若人)の随身(ずいじん)を飾り、その間に、ひしもち、あられ、白酒などを供えます。5段目は右に左近の桜、左に右近の橘(たちばな)を置き、その間に左から台笠(だいがさ)、沓台(くつだい)、立傘(たてがさ)という3人の仕丁を飾ります。右大臣、左大臣、右近、左近というのは、内裏びなから見た左右で、飾る側から見ると逆になります。
 6段目は道具類で、左からたんす、長持、鏡台、針箱、丸火鉢、茶道具の順になります。7段目は左からかご、重箱、御所車などを飾ります。
 現在では、ひな人形も多様化し、段飾りの段数を減らしたり、小型にしたり、内裏びなだけ飾るなど、さまざまです。ひな人形のルーツを考えてみると、高価な既製品より、素朴な立ちびなや手作りのひなのほうが、行事の心に近いといえましょう。
hinaningyo

■ひな人形のしまい方
 ひな人形は、3月3日の2週間くらい前から飾りますが、一夜飾りは避けましょう。また、節句が終わったら、その翌日にはしまうといわれます。
 これはいつまでも出しておくと婚期が遅れる、などと昔の女性の暮らしを考えさせる言い伝えです。
 ひな人形は、羽根ばたきなどでほこりを払い、一つずつやわらかな紙で包んで箱にしまいます。箱の中には防虫剤や防湿剤を紙でくるんでおきましょう。保存場所は、湿気が少なく、風通しのいい場所を選びます。

■ひな祭りのごちそう
 ひな祭りには、女の子らしく、また春らしい彩りのちらしずしや、貞節のしるしとされる、はまぐりの吸い物で祝うのが一般的です。このほか、白酒、ひしもち、ひなあられなども供えられます。
 現在は、これらにとらわれることなく、ケーキやサンドイッチなどでお祝いしてもよいでしょう。

~お彼岸~

■祖先の霊を供養する日
 春分の日、秋分の日の前後7日間を、それぞれ春の彼岸、秋の彼岸といい、亡き人を供養することになっています。
 彼岸というのは、仏教の言葉で、この世を「此岸(しがん)」と呼び、仏の住む世界を「彼岸」と言ったのです。極楽浄土(あの世)は西方にあるといわれますが、太陽が真西に沈む彼岸の日は、先祖たちが住んでいる世界と、この世とが交流できる日だと考えられ、祖先の霊を供養する仏事が行われるならわしとなりました。
 お寺では、お彼岸の間に彼岸会(ひがんえ)を催し、読経と法話が行われて、信徒が参詣し、祖先の墓にお参りします。

■家の仏壇には
 仏壇のある家庭では、彼岸の入りの前日に掃除をして、新しく花を飾り、毎日水を上げます。彼岸の日には朝晩お灯明をともし、線香を上げ、故人の好物やおはぎを供えて供養します。
 お彼岸には、おはぎをたくさん作り、近所に配る習慣もありました。春はぼたもち(牡丹(ぼたん)もち)、秋はおはぎ(お萩)と呼ばれ、春は大きく、秋は小ぶりに作ったようです。
ohagi

■家族で墓参りする
 墓参りはお彼岸中であれば、いつでもかまいません。なるべく家族や故人にゆかりの人がそろって行かれる日を選びましょう。
 墓参りには、花束、線香、ロウソク、お供え品などを持参します。
 墓石は水をかけてきれいに洗い、新しく汲んだ手桶の水を注ぎかけます。そして故人との血のつながりの濃い順に拝むのがしきたりとなっています。
hakamairi

■僧侶を招く場合は
 重要な回忌や、新しい仏がある場合、また、お墓が遠くてお参りに行けない場合などには自宅に僧侶を招いて読経してもらうこともあります。この場合は「御布施」「御経料」を包みます。
 また、両親など、ごく身近な人が故人になって、自宅以外に祭られている場合は、祭られている本家や墓所にお参りします。
 その場合は、「御供物」として、故人の好物や、菓子折、果物かごなどを持参するようにします。墓所へ行くならば、花や線香を持参して供えます。
 お寺へお参りしたときは「御経料」を特に出す必要はありませんが、供養の気持ちでお供えしたいときは、菓子折などを「御供物」としてさし出すか、現金なら「御供養料」と書いて出します。このときの不祝儀袋は、黒白か黄白の水引にします。