服装の準備(弔問客を迎える準備)

~服装の準備~

 亡くなった直後、遺族はすぐに正式な喪服を着る必要はありませんが、なるべく地味な服装(黒、紺、濃いグレーなど)に着かえて、結婚指輪以外の装身具は全部はずします。見苦しくなく、しかも死者を見送る悲しみの場にふさわしい身だしなみを心がけましょう。男性ならひげや髪の毛をきちんとととのえ、女性ならば薄化粧を施します。
 そして、できるだけ早いうちに、通夜、葬儀、告別式を通じて着用する服装をそろえます。喪主と成人の遺族は、原則として喪服を用意します。喪服がなければ葬儀社が貸し衣装を手配してととのえてくれますから、早めに必要なものを伝えておきます。
 ただ、下着やたびなどは、自分のものを用意するのが普通なので、借りられる範囲をよく確かめ、たんすなどを片づける前にとり出して用意しておきます。
 自分の喪服を持っている人は、アイロンをかけたり、半衿をつけたりして準備します。ふだんはたたんでしまってあることが多いものですから、たたみじわがついていたり、思わぬ虫食いがあったりするので、早めに確認します。

tuyamofuku