若夫婦との今後のつきあい方(自然なつきあい)

~お礼は素直に受ける~

 仲人へのお礼は、ふたりが持参する場合や、新婚旅行中に両家の親たちが持参する場合がありますが、いずれにせよ、素直に受けて、新夫婦の門出を祝福してあげます。仲人の喜びはあくまでも、金銭的なものではなく、若い人たちの力になれたという精神的な満足感にあるのです。
 このお礼に対してお返しは不要です。また、もし金額が多すぎるように思うときでも返したりはせず、あとあとのおつきあいの中で、自然にお返しするようにします。
 新婚旅行から帰ったふたりが挨拶に来たら、気持ちよく歓迎し、新生活の報告を聞いたり、アドバイスをしたりします。
 結婚後、新家庭や両親から盆暮れに挨拶があったときは、式の日だけの頼まれ仲人ならば早めに、それ以外でも「仲人三年」の語があるように、3年ぐらいのところで、こちらから「どうぞお気づかいなく」とお断りしてよいでしょう。
wakafufu

~自然なつきあいを心がける~

 若いふたりにとって、仲人の家庭が見本になる生き方をしたいものです。仲人は、男対男として社会学を新郎に伝え、仲人夫人は近所づきあいや生活での技術的な面を、新婦に教えられるようならば、理想的です。
 スタートは頼まれ仲人としてのつきあいからでも、長い年月の間に、人生の先輩後輩のつながりができるようにしていきます。といっても、つきあいはこちらから強制するものではありません。新婚旅行後の挨拶、季節の挨拶、お正月、出産祝いなどとつづくうちに、自然にそうなるのです。
 おりにふれてのお祝いは、普通は初めての出産に花などを届けたり、初節句にお祝いを贈るぐらいまでで十分です。特に、先方からの通知がなければ、失礼してもかまわないでよう。

~親たちの不満には深入りしない~

 夫婦間の争い事は、昔のように仲人のところに持ち込まれることは少なくなりました。
 それにかわって、核家族同士の結婚が多くなったため、両家の親たちの不満がふえているようです。親たちの不平は、愚痴話として聞いておき、けっして、一方の話をそのまま先方に伝えるようなことはしないこと。新家庭の基礎ができてしまうとそのうちに自然にうまく落ち着くものです。
 じょうずな聞き役に徹して、騒ぎを大きくしないことが、仲人のトラブル解決の最良の手段と心得ておきましょう。