男性・学生・子供の服装(喪服)

~男性の喪服は遺族・近親者の装い~

●和装
 男性の正式礼装は、慶弔の別がなく、黒羽二重地染め抜き五つ紋の羽織に仙台平(ひら)の袴、帯は角帯です。下着と衿は白、またはグレー、茶などが用いられます。はき物は、白か黒鼻緒の畳表つきのぞうりです。
 夏は、黒の絽の五つ紋つきに、黒絽か紗の五つ紋の羽織でひもは白、袴は縞の夏ばかまで、長じゅばんは白、帯は角帯を用意します。

●洋装
 黒のモーニングコートが正式。チョッキはシングルで、上着と共布ですが、弔事の場合、白い衿はとります。ネクタイは黒無地の結び下げ、タイピンはつけません。
 靴、靴下は黒で、カフスボタンも黒石製を使います。ズボンは慶事の場合と同様に縞ズボンです。
 モーニングコートを着用するのは、葬儀当日の遺族、近親者、社葬などの葬儀主催者側などで、通夜には着用しません。
mofuku_m_y


~男性の略礼装は一般会葬者の装い~

●ブラックスーツ
 略礼装ですが、現代では礼装として通用するくらいに、広く利用されています。シングル、ダブルは問いません。シャツは白、靴、靴下は黒で、ダブルカフスなら黒石製のものを用い、金、銀など光るものは避けます。

●ダークスーツ
 ダークスーツとは、濃紺、ダークグレー、ダークブルーなどの無地か派手でない縞の、上下そろいの背広のことです。
 ネクタイ、靴、靴下は、できれば黒で統一しますが、とりあえずの弔問のときなどは、華美でなければ黒でなくてもかまいません。
 葬儀、告別式出席の場合も、一般会葬者ならこの服装でよく、喪章もつける必要はありません。
mofuku_m_y2


~学生・子供の服装~

 学生は男女ともに制服があれば、それが正式礼装となります。制服がない場合は、黒をはじめ地味な色合いの服装でかまいません。
 遺族で制服を着用しない場合は喪章をつけます。ただし、靴は黒、靴下やハンカチなどは黒か白いものを用意します。
 また、酷暑の季節でどうしても黒い喪服を着用できない場合には、男子なら白のワイシャツに黒のズボン、女子なら白のブラウスに黒のスカートでもよいでしょう。
 子供は白いワイシャツやブラウスを用意し、地味な服装にします。幼児や赤ちゃんも、派手な色や飾りのついた服は避け、靴、靴下、エプロンなどもできるだけ派手な色柄のものは避けるのがマナーです。
mofuku_m_y3
mofuku_f_y4