結婚祝い金(ご祝儀)の目安

お祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方)はこちら・・・

~結婚祝い金(目安)~

結婚祝いは披露宴当日に持参するのが一般的になっていますが、招待されなくても贈りたいと言うときは、披露宴に出席するときの半額程度がめやすとなります。
ここでは品物ではなく『お金』に限定してご説明いたします。

・3千円、5千円、1万、2万、3万、5万、10万、20万といった金額が用いられる。連名で包むのも良い。
・縁起を重んじて、2で割れない奇数の金額が一般的だが、2万円、20万円はアリ。 
・披露宴に招待された場合は、披露宴当日に受付にて渡すが、招待されなくても贈りたい時は、披露宴に出席するときの半額程度を挙式の1週間前までに贈る(遠方の場は郵送でも良い)。

お金は新札にします。 

・おつきあいの深さや社会的立場によって違ってくる。
・披露宴に出席する場合、基本的には「食事代+お祝い」として考える。
 以下は[平成10年度三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)調べ。最多回答額]

贈る相手贈り手のあなたの年代出席するのは?地域は?
20代30代40代夫のみ妻のみ夫婦で関東関西
同僚30,00030,00030,00030,00030,00030,000
部下30,00030,00030,00030,00050,00030,00030,000
兄弟・姉妹100,000100,000100,00030,000100,000
おい・めい50,000100,00050,00030,000100,00050,000100,000
いとこ30,00030,00030,00030,00030,00050,00030,00030,000
その他親類30,00050,000100,00050,00050,000
友人・知人30,00030,00020,00030,00030,00050,00030,00030,000