正月(新年を迎えるための飾りつけ)

~門松~

■門前を清めて年神様を迎える
 正月には年神様が家々を訪れ、1年の幸福を授けてくれるときといわれ、その依代(よりしろ)(最初に降りてこられる所)として門松を飾ります。
 本来「門」とは庭の干し場のことで、干し場の中央に松を1本立てたのが始まりとされ、鎌倉時代になって、松と竹を使うようになり、江戸時代以降、戸口の両側に飾るようになったといわれます。

■29日、31日には飾らない
 昔は、門松の準備を始めるのは12月8日か、13日とされ、一家の主人が山に入って、門松用の松を切りに行く「松迎え」の行事などがありました。今では、師走の年の市で松は簡単に手に入るので、そこまで早めにする必要はありません。
 29日は「苦立(くだ)て」、大みそかの31日は「一夜飾り」といい、この日だけは門松を立てるのを嫌う風習がありますので、26、27、28日ごろが適当でしょう。

■左に雄松、右に雌松を飾るのが正式
 門松の立て方は、土地や家の風習によってさまざまですが、一般的に一対の門松を門の左右に立て、外から見て左に雄松、右に雌松がくるようにします。最近は、略式の門松や、ドアにつる松飾りも売られているので、合ったものを選ぶとよいでしょう。
kadomatu

~しめ飾り~

■正面玄関の軒下につるす
 しめ飾りとは、しめなわで作ったお飾りのことで、神を祭る神聖な場所であるところを示すしるしとして飾られます。神社や神棚には、正月に限らずしめなわが飾られているのはそのためです。
 昔は、年神様を迎えるために正月に新しく作る年棚にも、しめなわを張って、洗米、お神酒(みき)、もちなどを供えました。
 正月のしめ飾りは、古い年の不浄をはらい清めるために、正面玄関の軒下につるすのが普通です。
 しめなわを張ることで、そこは、いつでも年神様をお迎えできるという、清浄な場所であることを示すことになります。
 しめ飾りには、神棚を飾るしめなわ、玄関に飾る玉飾り、家の要所要所に飾る輪飾りなどがあります。

~玉飾り~

■作り方と飾り方
 玄関の軒下や神棚の前に飾られるもので、団地、マンションでは玄関に相当するドアの正面や上に、しっかり飾りつけます。
 作り方は、太めのしめなわで作った大きめの輪飾りに、うらじろ、ゆずり葉、こぶ、ほんだわら、だいだい、伊勢えびなどの縁起物を結びつけ、清浄を示す四手(しで)を下げます。
 これらの縁起物は、それぞれに意味があり、昔は、各家庭で手に入る縁起物だけを飾りつけて作りました。
 また、これには、年神様に収穫物を供えて、新しい年の豊作を祈る気持ちも込められています。
 現在では、暮れの年の市で売っているものを利用しますが、家の構えや様式によって、ふさわしいものを選ぶとよいでしょう。

~輪飾り~

■家の要所に飾る
 輪飾りは輪じめともいい、小型のしめ飾りのことです。数本のわらをなって輪にして結び、余ったわらを長くたらします。これに、ゆずり葉、うらじろを添え、四手を下げます。
 これはいろいろな場所や道具に飾って清め、新しい年の栄えを祈願するためのものですから、各神様の領域の入り口、たとえば火の神様の入り口であるかまど(台所)、水の神様の入り口である井戸(水道の蛇口)、トイレや勝手口などに飾ります。特に神様へのお供え物や、新春の料理を作る「若水」の出てくる井戸または水道の蛇口は、忘れてならない場所です。
 このほか商売道具や子供の勉強机、ミシンや鏡台などにも飾ります。最近では、うらじろと四手だけの略式のものも売られています。

~しめなわ~

■しめなわは新わらを使う
 しめなわは「注連縄」「七五三縄」とも書き、天照大神(あまてらすおおみかみ)が天の岩戸を出られたあと、再び岩屋に戻らないようにと、岩戸の入り口に荒なわを引き渡したのが始まりといわれています。
 しめなわの「しめ」には、封ずるという意味があり、神聖な場所に引いて、清浄な空間を保つために用いられます。
 正月には新しいわらで、しめなわをない、まっ白な四手を下げたものを、神棚や門口に飾りました。
 なわの太さによって、大根じめ、ごぼうじめなどがあり、普通は、ない始めの太い部分が向かって右側になるように飾ります。また、丈が短く太めのものは荒神様といわれ、台所の神棚に飾ります。

~神棚~

■塩で手を清めてから清浄にする
 神棚のある家では、年神様に来ていただく準備として、暮れのうちに神棚を清浄にし、新しく飾り直しておきます。
 神棚も、ほかの準備と同様に、一夜飾りは禁物で、28日から30日の間に行います。
 昔は、神棚の清掃は男性がするものとされていましたが、現在では、そのようなしきたりはなくなりました。ただ、神聖なところと考えられている場所ですから、粗末にしないことです。
 飾る際には、塩で手を清めてから、お礼(ふだ)は台や盆に紙を敷き、その上にとり出してほこりを払います。神棚は白木造りなので、きつくしぼった布でふくようにします。
 灯明立てやさかき立て、神鏡、お神酒(みき)とっくりなどもきれいにふき清めます。

■神棚には大根じめをかける
 飾り方はまず、しめなわを新しいものに変えます。しめなわは普通、太い大根じめで、等間隔に四カ所四手を下げます。四手は上端を折り、折ったほうを自分に向けてはさみます。しめなわは太いほうが向かって右になるようにかけます。
 これらのしきたりは地方によって違うので、その習慣に従うとよいでしょう。
 お礼は、伊勢神宮を中心に、右側に氏神様、左側に初もうでなどでいただいたお礼を飾ります。
 そして、左右に一対のさかきと灯明を点じ、小さなお供えを上げます。お供えの上には、彩りに、小さなみかんやきんかんをのせるときれいです。
 はずしたしめ飾りやお礼は、一般には神社にお返ししますが、一まとめにして焼くか、それができないときは丁寧に包んでゴミの日に出し、他のものとは別にとり扱ってほしいものです。

~床飾り~

■三具足を飾るのが正式
 床の間は、古くは仏間であったものが、部屋の中での上座を意味するようになったものです。本来、仏画を掛けて、押し板の上に仏具の三具足(みつぐそく)である香炉を中心に、左右に花びんと燭台を飾る場所でした。今日でも、この三具台を飾るのが正式で、正月には、燭台のかわりに「のし三方(さんぼう)」を置きます。これは三方の上にのしをのせ、米を盛った素焼きの皿をのせたものです。
 掛け軸はおめでたいものにし、祝い酒を両側に置き、鏡もちは脇床に飾りました。
 しかし現在では、脇床のある床の間はほとんどなく、床の間の形自体も簡略化されてきていますから、各家庭なりの飾りつけをすればよいでしょう。

■掛け軸はめでたづくしで選ぶ
 掛け軸は新春にふさわしい、めでたい図柄のものを選びます。正式には福寿の意味を持つ書の掛け軸が上位とされ、七福神、日の出、富士と鶴などの絵の掛け軸がつづきます。適当な図柄がない場合でも、尊敬するかたの作品や、古るくから家に伝わる書画など、その家庭なりに意味のある軸をかけるとよいでしょう。

■鏡もちの左に屠蘇器、右に花を飾る
 掛け軸をかけたら、床の間の正面に鏡もちを置き、向かって左側に屠蘇(とそ)器、香炉(香炉のかわりに、その年の干支(えと)の置物でもよい)などを飾ります。
 右手、床柱側には、お正月の祝い花をいけます。松竹梅をはじめ、福寿草、雪柳、葉牡丹、千両、水仙などのめでたい花材を組み合わせるとよいでしょう。

■床の間がない場合は工夫して
 最近では、床の間のない家も多くなってきましたが、サイドボードや本棚、テレビの上などにちょっとした飾りをすれば、新春らしい雰囲気を出すことができます。
 掛け軸のかわりに、美しくておめでたいムードのある色紙をかけたり、飾りだこ、舞い扇などでも雰囲気は出ます。
 床の下には、きれいな布を敷き、小さな鏡もちや、ミニチュアの鏡もちを置いて、そばにコマやマリなどの日本的な郷土玩具を飾ったり、金や銀の色紙で折った鶴を添えてもよいでしょう。羽子板なども雰囲気を盛り上げてくれます。

~鏡もち~

■鏡もちは生命力をもたらす
 もちは、古くから神の食物とされていて、正月には年神様へお供えし、それを下げていただくのがならわしでした。
 「お供え」「お重ね」「お鏡」「お飾り」などともいわれ、武士がよろいの前に飾ったのがよろいもちで、女性が鏡の前に飾ったのが鏡もちとか、さまざまな説があります。
 また、もちを丸くするのは、人の魂、心臓をかたどっているからとされ、鏡とは魂を示す神器であるところから、年神様にお供えして食べると、新しい生命力が授けられると言い伝えられています。大小二つのもちを重ねるのは陰と陽を重ね、福が重なるという意味があります。
 飾り方は地方や家風によりさまざまですが、延命長寿、一族繁栄、福徳につながるといういわれを持つ品で、おめでたく飾りつけます。基本的には、三方の上に奉書紙か半紙を敷き、うらじろとゆずり葉を置いてもちを重ね、こぶを前に下げて、もちのうえにだいだいを置きます。
 このほかにも伊勢えびをだいだいにからませ、水引で結んでのせたり、ほんだわらやくし柿を添えて飾る地方もあります。

■三方がない場合は
 一般の家庭では、三方に半紙を敷いた上に、大小のおもちと、だいだいがなければ、青い葉つきのみかんをのせるだけでも十分でしょう。
 また三方がない場合は、四角いお盆や、桐の菓子折、一升ますなどの上に白い紙を敷き、うらじろ、ゆずり葉をのせて、もちを重ねた上に、青い葉のついたみかんを置きます。紅白のリボンを伊勢えびに見立てて結んだり、縁起のよい小物をあしらったり、その年の干支の置物や、折り鶴を添えても、しゃれた感じになります。
 伝統的な行事も、それぞれの生活に合わせて残しておくようにすれば、生活にうるおいが感じられてよいものです。
kagamimoti


しめ飾り、お供え飾り

simekazari

~飾りの意味~

うらじろ・・・長寿をあらわす。葉裏が白く、後ろ暗さがない意味もある。
ゆずり葉・・・のちの世代まで長く福をゆずる意味がある。
だいだい・・・家計が代々繁栄する。
こぶ・・・よろこぶの意。またこぶは和名をひろめといい、家運が広がるというところからくる。
干し柿・・・幸福をしっかりとり込む。
ほんだわら・・・3mの長さにも達することから。
伊勢えび・・・えびの中でも最も立派なえびで、腰が曲がるほど長寿を願う意味で用いる。

~国旗の取り扱い方~

●旗のサイズ
 お正月は、国の定める祝日ですから、一般家庭でも、国旗があれば掲げるとよいでしょう。
 明治3年、太政官令によって、正式に定められた国旗は横3対縦2、日の丸の直径は縦の長さの5分の3とされています。どんな大きさの旗でもこの比率は変わりませんが、一般的な旗の大きさは、だいたい横90cm、縦60cmが標準になっています。とはいっても、小さな門に大きな旗を立てるとバランスをそこなうので、それぞれの家庭に合った旗を選ぶほうがいいと思います。アパートやマンションなら、ドアのわきに小さな旗を立てれば十分でしょう。

●立て方
 旗ざおは黒と白に塗り分けてあり、先端に金色の球をとりつけるのが正式です。この金色の球のすぐ下に間をあけずに国旗を結びつけます。間があくと、祝いの意味とは反対の、弔意をあらわす揚げ方になるので注意してください。
 立て方ですが、1本の場合は、門の外から見て左側に立て、2本の場合は左右に立てるか、交差させて立てます。交差するときは、門の外から見て右側の旗を外側にするようにします。
 高い建物やバルコニーなどからたらすときは、さおを水平にしても斜めにしてもかまいませんが、建物の壁や地面にふれないように気をつけましょう。
 国旗を揚げるのは、日の出から日没までです。正月三が日の間揚げる場合でも、必ず夕方にはとり込み、翌朝立て直すことが必要です。